寒がり北海道民の防寒グッズ

2014-02-23
おかいもの

winter

北海道に越してきて大分経ちますが、未だにに冬も雪道も苦手です。そんな寒がりの私が冬季(特に真冬日)に愛用している防寒アイテムをまとめてみました。

○ダウンコート
札幌に住み始めたばかりの頃は、真冬日でも頑張ってウールのコートを着たりしていましたが、最近はやせ我慢は辞めました。ダウンジャケットじゃなくてコート、さらにフード付きだととっさの雪にも対応できます。ちなみに室内に入ると逆に暑すぎるので、こちらも我慢せずに手に持って歩きます。道民でコートを手に持って歩く人はほとんどいないので、最初はちょっと気になるかもしれませんが…。

○イヤーウォーマー(耳あて)
真冬でも耳あてしない人、結構見かけますが、私は無理。髪の毛で耳が隠れてる時でも、耳あてがあるのとないのじゃ全然違います。ピアス着用者は長時間外にいると、凍傷になることもありますし。最も出番が多いのは、スウェーデンのイヤーラックス。札幌に移り住んでからずっと愛用してます。これが一番嵩張らなくて、気軽に持ち歩けます。


イヤーラックス 防寒耳カバー フェイクファー ブラウン

○手袋
真冬の北海道で手袋をしない人なんて、さすがにいないかとは思いますが、手袋の種類よって暖かさはかなり違います。昨年冬初めて二重構造の手袋(「あったかーい二重手袋」というタグ付きのもの)を購入してみましたが、今年はついこればかり使ってしまい他の手袋の出番がなくなりました。値段は少々高めでも、買って損はないと思います。

○アームカバー
真冬日だけれど、ダウンコートを着ていけないときに主に使用しています。
使っているのは無印のリブ編みのアームウォーマー(黒)。本来は親指を通して着用するものですが、指部分はひっこめてニットの袖のふりをして使ってます。袖口の広いコートを着た時は、特に暖かさを実感できます。

○貼るカイロ(ミニ)
風邪気味だけれど外出しなければならない時や出掛ける気力も失せるような寒い日は、迷わず背中カイロでしょう。肩甲骨の間に貼れば寒気もなくなり、身体の芯からポカポカ。心なしか風邪の治りも早いような気がします。
背中が駄目なら腰でもOK。職場のデスクの中にも常備しています。