格安SIMにも留守電を

家電・ガジェット関連

機種変更したついでに、かねてからオプション加入するか考えていた留守番電話サービスについて調べてみました。

BIC SIM(IIJmio)の留守番電話サービスは月額300円(税抜)
仕事で使っている訳ではなく通話もあまりしないのに、月に1回使うか使わないかわからないような機能のために300円は正直ちょっと高い気がします。

そこで無料で留守電機能を付ける方法はないものか引き続き調べてみると、転送電話サービスと無料の050IP電話を利用する方法に辿り着きました。

設定方法やサービスについては下記のページを参考にさせていただきました。
格安SIMと格安スマホの無料の留守番電話の設定の仕方

 

無料IP電話を利用した留守番電話の設定手順

設定手順を簡単にまとめてみると

1. 無料IP電話SMARTalkの申し込み
申し込みにはクレジットカードが必要になります。

2. 無料IP電話サービスSMARTalkのアプリをダウンロード

3. 転送電話の設定
現在使用しているBIC SIMはドコモ系なので「1429」に電話をかけ、転送先の電話番号を登録します。

設定は以下のようにしました。
・転送電話サービスの呼び出し時間設定:
 20秒
・ガイダンスの有無の設定:
 無し
・転送先電話番号の登録・変更:
 自分のIP電話番号

4. 転送電話サービスの開始
「1421」に電話をかけサービスを開始します。

5. SMARTalkの留守番電話設定
Myページからログインし、留守番電話設定を下記のようにします。

呼出時間:即時
着信メール通知+録音データファイルの添付を選択

○ ○ ○ ○ ○

仕事柄日中ほとんど電話に出ることができないのに、今までは留守番電話サービスを利用していませんでした。
たとえば買物で取り置きをお願いした際、留守番電話がないためお店の人に迷惑をかけていたことがあったのでしょう。でもこの方法を利用すれば、今後は解消できそうです。
相手が留守番電話を利用する際にかかる通話料は30秒ごとに20円。使用頻度が低ければオプションで留守番電話サービスを利用するよりはるかに安く済みそうです。
こんな裏技があるなら、もっと早く利用すればよかったな。