少し前の話になりますが、海の日に女4人で滝を見に行ってきました。これが今シーズン初トレッキング。
実は今回教えてもらうまで小樽にこんなところがあるなんて知りませんでした。でも行った人のブログを見る限りなかなか良さそうな所のよう。

奥沢口のセブンイレブンで買物とトイレを済ませて、水源地のゲート付近に車を止めいざスタート。熊出没注意の看板にビビりつつですが…。

広く歩きやすい緩やかな登りの林道をひたすら歩くこと1時間以上、かなり単調な道のりなので、これが今一つメジャーになれない理由なのかもしれません。
道中出会ったのは単独で遠藤山から来た男性1人と、後ろから追ってやって来た女性1人のみ。
あとは仕事で来てるっぽいバイクと2回すれ違っただけ。
祝日というのに人少なすぎだろうに…。

しかしラスト0.5kmは、川渡り(と言っても30cm位)、岩登り&急斜面(手を使わないと登れない)、ぬかるみ地獄(これが一番キツかった)となかなかスリリング。そんな難所を超えるとゴールの滝が見えてきます。

穴滝の名称どおり洞窟のような入口の奥に小さな滝があり、暑い日なのに穴の中はひんやり。滝に触れたり、裏に回ったりと、マイナスイオンをたっぷり浴びることができました。

そういえば林道の看板では去年熊が出たことになってたけど、なんと前日に目撃情報があったとか。無事に帰ってくることができたけど、これはあまり知りたくない情報だったな…。