2013年 7月 の投稿一覧

円山登山

円山

円山

トレッキングシューズとザックを慣らすために、夏休みの平日1人で登ってきました。
定期的に通ってるカイロの先生には
「円山なんて丘みたいなもの。山のうちにに入らないでしょ」
的な事を言われていたのでちょっとなめてましたが、短い時間ながら結構な急勾配で途中から息も切れ切れ。人とすれ違う時かなり恥ずかしかったです…。

しかし平日だとすれ違う人もまばらで、ほぼ1人で森林浴満喫。山頂付近ではエゾリス、下山途中ではシマリスに遭遇しました。エゾリスの方はかなり人馴れしていて、カメラ出そうと思ってザックに手をかけると猛ダッシュで駆け寄ってくるではありませんか!あまりにも近くに来るものだから撮影を断念して歩き始めた後も、しばらく餌よこせとばかりに付け回されました。野生動物への餌付けは良くないですね…。

下山後は円山動物園のサル山にある休憩スペースにて昼食、その後ホッキョクグマの双子を見てきました。ちょっと前まで、子グマだったのにもうかなりしっかり熊らしく大きくなってる!

円山動物園

この日は暑かったので、元気に動き回っていたのは一頭だけ。

円山動物園2

もう一頭はお母さんのそばてぐっすり寝てました。これはこれでかわいい♪

 

甲低幅狭の生きる道(10) 再びパンプスを求めて

フィールフルトゥ パンプス

ヒューメックスのセミオーダーパンプスが今ひとつだったので、普段使いのもう1足は既製品の中からなんとか探し出すことにしました。
名付けて「札幌シューズショップローラー作戦」
下記の5点をクリアできるものが見つかるまで、靴売場を渡り歩きます。

1 パッと見て踵を含めて幅が狭そう
2 横から見て甲が低い
3 裏返してウィズの記載がない
(記載がない場合は多少細めの
作りの時もある)
4 ヒールは低め、ストラップが
あればなお良し
5 つま先に余裕がある

スタートは職場に近い大通から。
丸井今井 ×
三越 ×
岩井(ポールタウン地下)×
クラークス(オーロラタウン地下)×
リーガル(オーロラタウン地下)×

札幌駅へ移動。
大丸2Fのアルファ美輝の売場にてフィールフルトゥのパンプスを発見。
色々見てきましたが細幅靴を扱っているブランドとしてよくあげられるだけあって、そこいらの靴とは安定感が全然違う。しかもこれ以上細い靴を見つけるのは厳しそうなので、こちらを購入することに決めました。
お値段は29400円。安くはないけど、仕方ないか…。

フィールフルトゥ パンプス

ちなみにこちらのウィズはD。ヒールが高め(7cm)なのと幅に対して踵が若干緩いのが気になって少々中敷き調整。しかし今度はつま先が少し窮屈になってしまったので、巻き爪持ちが長時間履くのは厳しいかも。そしてこちらもヒューメックス同様ストラップでガチ止めタイプかもしれません。

今後のために同ブランドの細めの靴が再度入荷されるか聞いてみましたが、「今のところ予定なし」とのこと。細幅靴はやはり需要がないらしい。街中じゃパンプス抜けてる人大勢見かけるのにな…。

 

札幌まつり

ワールドオートバイサーカス

約10年ぶりに札幌まつりに行ってきました。

札幌まつりって、家族連れや高校生、もしくはちょっと素行が悪そうな大人が多いのでは…となんとなく避けておりましたが、昨年未だに見世物小屋があると聞いて少々気になっていたのでした。

ワールドオートバイサーカス

まずはワールドオートバイサーカスから。

ワールドオートバイサーカス

子供の頃サーカスで鉄球の中をバイクがぐるぐるってのは見たことありますが、こちらでは木製の巨大な樽の中をバイクが走ります。それをお客さんが上から覗き込む感じ。

ワールドオートバイサーカス

樽の中、壁が垂直でビビります…。ちなみに千円札を持って手を伸ばすと、ライダーさんが上まできてサッとキャッチ。赤い線ギリギリのところを走ることもあるので、目の前を走りぬけるときはかなりの迫力でした。

ワールドオートバイサーカス

手を離したり、立ち乗りしたり、目隠ししたりと途中いろいろな技も披露してくれます。大人700円は高く感じるかもしれませんが、これは一見の価値あり。そして大人なら当然千円札握りしめて行くべし!

見世物小屋

次に念願の(?)見世物小屋へ。今回見たのは火吹き女と蛇女ですが、近くで見られなかったのでどこまで本物か正直わからん状態。しかしながら丸尾末広を思わせるような絵、胡散臭い呼び込み等昭和的ないかがわしさ満載の雰囲気を味わえただけでも満足でした。