2014年 9月 の投稿一覧

RSR持ち物備忘録2014 – 2

前回の続きです。

○バックパックの中

・半袖Tシャツ×1
・ショートパンツ×1
・タイツ(レギンス)×1
・ソックス×2
・ジャケット
・下着
・タンクトップ×2
・長袖Tシャツ

・マフラータオル×2
・ハンドタオル×1
・ミニランタン
・カンティーン ステンレスボトル
・iPhone充電器
・ビオレパウダーシート
・ピュオーラ歯みがきシート
・手ピカジェルプチ
・ポケットティッシュ
・貼るカイロミニ

バックパックはアイグーリーのDay Sacに変更。昨年使用したオスプレーより軽くて荷物が入るので。

去年から欲しいと思ってた速乾素材のタンクトップは、いろいろ迷った末ユニクロのエアリズムを購入。キッズ150cmをセールで買えたのでかなり安くあがりました。
少し首回りが詰まった感じがまたTシャツの中に着るには丁度良かったりします。

ミニランタンはGENTOSの単三電池3本使用のLEDランタン。80ルーメンとそれ程明るくはないけれど、夜のテントで物を探すには十分。小さいので持ち運びも楽。

GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-837NX

iPhone充電にはANKERのモバイルバッテリーを新たに購入。
容量は申し分ないけれど、かなりズッシリ重くて普段使いには向かないかも。ひとりで使うならANKER Astro M2 7800mAh モバイルバッテリーの方が良かったかな。
とはいえ基地に1つ置いて何名かで使うのはアリ。2ポート同時充電できるのも便利。

ANKER Astro M3 ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAh

意外と良かったのはピュオーラ 歯みがきシート。個包装で持ち歩きやすく、歯磨きできない時もそこそこスッキリ。
今回は入浴券を買ったので必要ありませんでしたが、お風呂に入れないならビオレパウダーシートの他にフレッシュケア ドライ シャンプーシート
も欲しいところ。

○薬、サプリメント

・アミノバイタルPRO
・QPコーワゴールド
・胃薬
・目薬
・葛根湯
・絆創膏

疲労対策にはアミノバイタルPROのワンデーパックを買ってみました。しかしこれが大失敗。この不味さ、去年買ったザバス並み。しかも初日に原因不明のお腹の不調に見舞われたの、これが原因だった気がしてなりません。来年は迷わずアミノ酸2200mgのアミノバイタルにします。
アミノバイタルは会場についてすぐに摂取しますが、即効性があるキューピーコーワゴールドα-プラスは、疲れを感じてきた時に。

そして今年は胃腸薬にもお世話になりました。普段から持ち歩いているオクダ胃腸薬<細粒>は漢方系で効き目もソフト。胃の動きを良くしてくれます。

<未使用>

・ヘッドランプ
・ポンチョ
・サングラス
・休足時間
・熱さまシート
・ファイティンテープ
・ハッカ油
・デンタルフロス
・ガーゼマスク
・虫さされ薬
・靴用接着剤

今年はあまり会場内を歩き回らなかったので、ヘッドランプ、休足時間、ファイテンテープは不要でした。オートキャンプ場はテントに入ってしまえば虫に刺されることもなし。靴用接着剤は、古いスニーカーの接着部分が怪しかったので念のため。

○トートバッグの中

・寝袋
・折りたたみリュック
・透明ゴミ袋(45L)3〜4枚
・ビバホームグレーシート(1畳)

ゴミ袋は必ず持っていった方が良いアイテムの1つ。夜テントで休むとき夜露で濡れないように靴を入れたり、急に雨が降ってきたときレインカバーがわりにしたりと何かと便利。

ビバホームグレーシートはしっかりした作りが気に入ってます。敷物として使った後はキャンプ道具を片付ける時の荷物置き場に。直に地面に置いておくと帰るときに荷物がびしょびしょになったりするので。

<未使用>

・長靴

<車で運んだもの>

テント
グランドシート
インナーマット

<持って行かなかったもの>

折りたたみ椅子
耳栓
ダウンジャケット

来年は天気(気温)によってはユニクロのウルトラライトダウンを持っていかねば。
折りたたみ椅子は雨が降っていなければ必要なし。

 

RSR持ち物備忘録2014 – 1

RSR

ここ数年は半袖+ジャケットだけで余裕でしたが、今年のライジングサンは夜間かなり冷え込んだため、久しぶりに長袖Tシャツ、貼るカイロの出番がありました。荷物は増えるけど、防寒グッズはやっぱり必要かも。
今回は使った物、持って行ったけど使わなかったもの、薬、サプリメントについても少し詳しくまとめてみます。まずは基本スタイルから。

<基本スタイル>

昨年とさほど変わらず。
会場に向かう時はこれにバックパックと寝袋等が入った大きめトートを持っていきます。

・半袖Tシャツ
・ショートパンツ
・タイツ(レギンス)
・スニーカー
・帽子
・アームカバー
・ネックカバー
・ウエストポーチ

○ウエストポーチの中
・財布
・iPhone
・チャック付き透明袋
(iPhone防水カバーがわり)
・ミンティア
・ドリンクホルダー
(Zeppでもらったもの)
・日焼け止め

今年買い足したのはFoxfireのアームカバー。(桑園の石井スポーツで購入)
会場ではTシャツ+ジーンズみたいな普段着の延長みたいな人も結構見かけますが、動きやすさ、汗をかいたときのことを考えるとアウトドア仕様の方が快適です。
ショートパンツよりワンピース+レギンスの方が楽という声も。

<寒い時>

長袖Tシャツ、半袖Tシャツを重ね着。さらに中にタンクトップを着れば腹冷え対策もばっちり。夜はこの上にジャケットを着て、背中にカイロを貼っても寒さを感じることがありました。

テントから離れたステージに向かう時は、折りたたみリュックにビバホームの1畳サイズレジャーシートを入れ、疲れた時には畳んだまま座ったり、スペースがあれば広げてゆったり脚をのばしてみたり。

さらにリュックのサイドポケットには梅酒ロック入りクリーンカンティーン(ステンレスボトル)を。今年はこれのおかげで会場でお酒買うことがありませんでした。持っているのはA & F COUNTRYのセールで買った12ozサイズですが、ちょっと物足りない時もあるのでもう少し容量の大きいものが欲しいかも。

Klean Kanteen ボトルクラシック

そして廃番だと思ってたNORTH FACEの折りたたみリュックはめでたくフライウエイトリーコンとして再発売されてました!サイドのメッシュポケットがいいんだよねーこれ。

ノースフェイス FLYWEIGHT RECON フライウェイトリーコン

<雨が降ってきた時、さらに冷え込んできた時>

今回は使用しなかったけど、ポンチョ、長靴は寒さにも有効。
野鳥の会の長靴はライジングでもすっかり定着したようで、雨が降ってなくても履いてる人多く見かけました。