あしのもんだい

くつのもんだいは続くよ

完全に解消したわけではないけれど「ひざのもんだい」は現在小康状態。
ポキポキ音はほぼなくなったものの劇的に改善した感じもない中途半端さが歯がゆいところですが、当面の不安は払拭されたのでとりあえず良しとしましょう。

一方「くつのもんだい」は未だ迷走中です。

この3年間は足専門外来でインソールを作ってみたり、フットケアサロンに通ったり、ネット通販で幅狭靴を購入したりとと手間もお金もそれなりにかけて色々試してみましたが、良い時もあればまったく成果がなくガッツリ落ち込んだこともありました。
でもほんのかすかではありますが希望の光が見えてきたので、ようやくここに落ち着いてまとめてみる気になってます。
明日履いていく靴に悩むことがない日が来るのを願いながら。
靴メーカー様ホントお願いしますよ…。

ひざのもんだい ​-カイロプラクティックに行ってみたー

整形外科では解消できる兆しがなかった「ひざのもんだい」。それならカイロプラクティックか整体に行ってみるか…となりました。
しかしカイロや整体って、とにかく数が多すぎてどこが良いのかさっぱりわからない。本当は知人の口コミが1番安心できるんだろうけど、残念ながら周囲に定期的に通ってる人が見つからない状況。
仕方なくネットの情報だけを頼りに下記の3店に行ってみました。

A
街中の個人経営のカイロプラクティック
料金:初回6000円、2回目以降は5000円
施術時間:30~40分(初回60分)

B
街中のホットペッパービューティー掲載店
料金:55分コースで4900円(税別)
(他にも時間別に4種類コースあり)

C
地下鉄駅から徒歩圏内のカイロプラクティック
料金:4000円
(初回のみ検査料+1500円)
施術時間:30~40分

三者三様の施術スタイル

Aは街中にある個人経営店で、以前から10年近く通っているところ。
雑居ビルの上の階にあり新規のお客さんが飛び込みで来るような場所ではないけれど、前後に予約が入っていることが多いあたり常連客はかなり多そうです。
施術については、こちらが気になる箇所を伝えて、そこを重点的にやるスタイル。ポキポキは少なめで、さすったり気を入れる(気功?)こともあり。
マッサージ的な揉みほぐしがなくても体が温まるので、効果はそれなりにあると感じています。事実通い始めた当初に比べて体のコリや姿勢はかなり改善、軽度のバッファローハンプ(首と背中間の脂肪)はあっさり解消できました。

Bはホットペッパービューティーで見つけたお店。
ホットペッパービューティー経由で美容室やまつげパーマに通っていたためポイントも貯まってるし、気軽ネット予約できるのが便利そうなので利用してみました。
街中の古いビル2階のかなり奥に位置する店で、こちらも飛び込みで来る人は少なそう。
スタッフは女性も含めて4名、初回はホットペッパーのクーポンを使えとかなりお得感があります。
施術については、歪みの調整もあるものの、こちらは揉んだりさすったりのマッサージ的なものが多めの印象。施術時間が長いので、がっつりやってもらった感はあります。

Cは通勤途中の地下鉄駅から徒歩5分位の住宅街にある個人経営店。
国際基準の資格保有者はいないかとネットで探して、日本カイロプラクティック登録機構の登録リストから見つけました。
初回の検査で足や腕をいろいろな角度に動かし、弱い箇所を探してから施術を開始するスタイル。検査の結果、膝の違和感や肩こりの原因が別の意外な箇所にあったりして目からウロコでした。
上記の2店も含めて今まで受けたことのある整体、カイロプラクティックとはちょっと違うなという印象です。

ひざのもんだいに効果があったのは…

以上3店に行ってみた結果、
現在も定期的に通っているのはCです。

理由としては、こと膝に関してはAやBに比べCが一番効果を感じられたから。
Cは初回に「右内腿が弱い」と指摘され、施術後にそれなりの距離を歩いたら見事に右内腿だけ筋肉痛になりました。

しかし3箇所回っただけでもそれぞれ施術スタイルが違うあたり、カイロプラクティック探しの難しさを改めて痛感しています。
決して安くはないしできるだけリスクを取りたくもないから、気になっていても二の足を踏んでいる人が多いのはこの辺の理由からではないでしょうか。
ちなみに厚生労働省では禁止されてる手技のスラスト法(頚椎に対して急激な回転伸展操作を加えるもの)には、かなりの頻度で出くわします。施術者の技術力に少しでも疑問を感じたら「通うのをやめる」という判断も必要になるでしょう。
日本ではカイロプラクティックはあくまでも民間資格なので…。
 

ひざのもんだい -整形外科に行ってみたー ​

前回あげた5つの「あしのもんだい」。足にあう靴探しと並行して、まずは今最優先で解消したい「ひざのもんだい」から取り掛かることにことにしました。

気になっていた症状は2つ、発症時期は約2年前の6月から。

  • 階段を上る時や動き出しの時に、右膝だけよくポキポキと音が鳴る
  • たくさん歩いた日は特に右膝がだるくなる

まだ痛みを感じるほどではないけれど、8月には毎年恒例のライジングサンがあるのでできればその前に対処しておきたいところ。なんせ野外フェスといえば、歩く、踊る、並ぶ、さらに雨が降ったら踵浮き長靴で歩き回る…と、足に負担がかかることばかり。膝に不安を抱えたままだと思いっきり楽しめないだろうし、もしこのまま放っておいて悪化でもしたら…。

考えれば考えるほど不安は増すばかりなので、とりあえず整形外科で現在の膝の状態を診てもらうことにしました。
 

地下鉄駅直結の小規模クリニックでは…

最初に行ってみたのは、土曜も診療していて地下鉄駅直結とアクセスも良いF整形外科クリニック。
選んだ理由は、通勤途中にあり定期券を使って通えるから。もし今後通院しなければならないような事態になったら、せめて交通費だけでも安く済むようにしておかないと。

開業から約1年という新しいクリニックながら、待合室は年配の方を中心にそれなりに混み合っている。常連の患者さんと思われるおじいさんのわがままを看護師さんがやさしく聞いてあげていて、雰囲気も悪くない感じ。

しかしレントゲンを撮り膝の状態を診てもらった結果、先生の一言…

「特に問題ないですね」

いやいや、そんなことはないはずなんだけど…
と思いつつ、あまりにもあっさりはっきりと言われてしまうと「別に痛い訳じゃないしちょっと気にしすぎたかなー」という気もしてくる。
結局この年はそのまま何もせずに終了。
登山や長時間のトレッキングはさすがに自重したけれど…(でもライジングサンは行った)
 

膝の専門医がいる整形外科では…

それから1年後、右膝の状態は良くも悪くもならずに相変わらずポキポキ鳴っている。
やっぱりおかしい…でも痛みはないから、再び診てもらったところでまた「問題なし」の一言で片づけられそう。
なら今度は別の整形外科に行ってみるか…。

というわけで次に行ってみたのは膝やスポーツ整形に力を入れているT整形外科。
膝疾患の担当は院長先生は人気があるようで当然ながら予約は必須。待合室は年配の方ばかりで、その中に1人場違いな人が紛れ込んでるような感じになってしまい、ちょっと恥ずかしかったです。

初診はレントゲンを撮影でしたが、結果は1年前と同様「特に問題は見当たりません」で肩すかし。
2回目はもう少し詳しく調べてみましょうと、MRI検査まで受けてきました!
人生初のMRI!高いよMRI(泣)

しかし肝心の結果はというと…
「特に深刻な状態ではなさそうですね。O脚気味なので特に膝の内側の関節軟骨がすり減ってきているけど、これも年相応。ま、加齢ですかね。」

加齢…ですか……

その後はヒアルロン酸注射を打たれて「ひと夏様子を見て、調子が良さそうなら2週間に1度のヒアルロン酸注射を5回、それでもダメなら入院してカメラですね。」と先生。

ヒアルロン酸にカメラ…ですか…

結局注射を打っても教えてもらった筋力トレーニングをしても、症状は大きく変わらなかったので、この病院には行くのもそれっきりになってしまいました。

​果たしてこの問題、無事解消することが出来る日が来るのだろうか?
​次回「ひざのもんだい -カイロプラクティックに行ってみたー」に続きます。