日々の暮らし

机を部屋の真ん中に

desk

現在の住居に越してきた当初は、寝室兼作業場の机を壁につけて配置していましたが、何年か前から机を真ん中に配置するレイアウトに変えました。

一見突飛なレイアウトに思われるかもしれませんが、機能面では抜群で、作業をするにも勉強するにもさほど苦もなく机に向かえるようになりました。
ネットサーフィン中もアクセサリー制作中でもテレビをながら見することができ、HDDに録画がたまるストレスが軽減。ゆっくり見たいときはベッドをソファがわりに座って見てもよし、寝転がって見ることも可能。

さらに寝ている時は机がベッドのサイドテーブルがわりとなり、デスクライトもそのままベッドで使えるので、本を読むためのライトを別に買う必要もなし。目覚まし時計も机の上のひとつだけでOK。

部屋が狭くなるという難点はありますが、勉強や作業をするために机に向かうまでどうしても時間がかかってしまう方は、1度試してみる価値ありですよ。

レイアウトはだいたいこんな感じ ↑
ドアを描くのを忘れましたが、
本棚とクローゼットの間です。

 

人気記事

1

ポケモンGOは今秋もハロウィンイベント。10/22(金)からはパート2がスタート。 Ingressもハロウィンイベントが10/21(木)から。今年も登場する期間限定メダル購入予定です。お布施大事。 先 ...

2

札幌に住んでいると毎年4ヶ月以上雪道を歩かなければなりません。なので北海道民は雪の積もっていない期間に履く夏靴と根雪(積雪状態が続くこと)期間に履く冬靴を持っていて、女性の場合はさらに比較的歩きやすい ...

3

「サロン美足」で教わったカスタマイズ方法ですが、実践するためにまず必要なのが色々な種類のインソール。1から探すとなるとなかなか大変だし決して安いものばかりではないので、できることなら使えるものだけをピ ...

4

今まではリアル店舗を中心に幅狭靴を探してきましたが、市販のほとんどの靴はワイズE~EEEまれにDを見かけるくらいで、カスタムオーダーやドイツ製の靴を扱っている店でようやくB(ただし値段は高い)を見つけ ...

5

映画ネタが続きますが、シネコンが誕生する前に数多くあった映画館について書いてみたくなったので、雑誌『O.tone Vol.51』の特集記事「映画で僕らは大人になった。」を元にまとめてみました。 (☆マ ...

-日々の暮らし